ホーム 家計のアドバイザー通信

家計のアドバイザー通信

医療、年金、資産運用などお金に関する旬な情報をお届けします


家計のアドバイザー通信(2018年1月号)

 医療費控除とセルフメディケーション税制

 

 

Q今回の確定申告から新しい医療費控除制度が始まるそうですが、従来とどう違いますか。また、どちらを使ったらいいのでしょうか?

 

A.従来の「医療費控除」は1年間に1家族でかかった医療費の自己負担額(医薬品等の購入も含む)が10万円(又は総所得の5%のいずれか小さい方)を超えた場合、超えた部分について所得控除するものです。

 

この医療費控除の特例として、「セルフメディケーション税制」が20171月からスタートし、今回の確定申告から利用できます。

セルフメディケーション税制は、市販の「スイッチOTC医薬品」の購入代金が12千円を超えた部分が所得控除の対象になります(特例の対象製品はドラッグストアなどのレシート上に明記されています)。

 

よって従来の医療費控除には縁がなかった人でも、通常病院などに行かず市販の薬を買って自分で治してしまう、「セルフメディケーション」な人には朗報です。

 医療費控除とセルフメディケーション税制 

 

医療費控除

セルフメディケーション税制

対 象

治療費、治療・療養に必要な医薬品・製品、交通費など

スイッチOTC医薬品

(特定成分を含む市販品)

所得控除金額

実際に支払った医療費(保険金などで補てんされる部分を除く)が10万円(又は総所得の5%のいずれか小さい方)を超える部分

購入費用が12千円を超える部分

上 限

200万円

88千円

条 件

特になし

特定健康診査、予防接種、定期健康診断、人間ドック、健康診査、がん検診のいずれかを受けていること

 

 

 

ワン・ポイント・アドバイス:医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できない!

医療費控除とセルフメディケーション税制は一緒に使うことはできませんので、どちらかを選ぶことになります。

医療費関連の領収書やレシートの合計が10万円を超える部分と、セルフメディケーション税制の対象商品の購入代金が12千円を超える部分を比較し、多い方で申告しましょう。

 

本記載は、20181月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。

税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。

また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。