ホーム 家計のアドバイザー通信

家計のアドバイザー通信

医療、年金、資産運用などお金に関する旬な情報をお届けします


家計のアドバイザー通信(2021年12月号)

―医療費控除とセルフメディケーション税制―

 

Qコロナワクチンの接種用に、ドラッグストアで解熱剤を買いました。これは、医療費控除の対象になりますか  (60歳代、女性)                                                                      

 

医療費控除」とは、所得税を計算する際に、所得金額から差し引くことのできる控除の1つで、1年間の医療費が10万円を超えた部分が

      控除の対象です(総所得が200万円以下の人は総所得の5%超)。

      これにより、支払った所得税の一部が還付されたり、住民税が軽減されたりすることがあります。

 

この医療費控除には、薬局で購入した解熱剤などの医薬品代も対象になります。

 

   <医療費控除とセルフメディケーション税制>

 

 

医療費控除

セルフメディケーション税制

対象額

10万円超

(総所得が200万円以下の人は総所得の5%超)

12000円超

控除上限

200万円

88000

対 象

病院等の治療費等、通院時交通費等、医薬品購入費等

スイッチOTC医薬品の購入費のみ

注 意

・確定申告が必要。

・医療費控除とセルフメディケーション税制はどちらか一方を選択。

・領収書やレシートの保管を・・。

 

 

ワン・ポイント・アドバイス:医療費が10万円以下なら、セルフメディケーション税制もチェック

病院等にあまりかからず、市販の薬を購入することが多い人は、「セルフメディケーション税制」を利用できる場合があります。セルフメディケーション税制とは、薬局で購入した市販薬(スイッチOTC医薬品のみ対象)の代金の1万2000円超の部分が所得金額から控除される制度です。

ただしセルフメディケーション税制の適用には、次の全ての条件を満たす必要があります。

 

    ①所得税、住民税を納めていること

    ②健康診断や予防接種など、健康維持増進等に関する取り組みを行っていること

    ③対象となる医薬品を1世帯当たり1年間に1万2000円を超えて購入していること

 

スイッチOTC医薬品の目印はパッケージに表記されているほか、レシートにも記載されます。

領収書・レシートはしっかり保管しておくことを忘れないでください。

 

本記載は、2021年12月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。

税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。

また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。