ホーム 家計のアドバイザー通信

家計のアドバイザー通信

医療、年金、資産運用などお金に関する旬な情報をお届けします


家計のアドバイザー通信(2021年4月号)

―確定申告③(還付申告)―

 

Q昨年(2020年)加入した生命保険の「生命保険料控除証明書」が出てきました。

  年末調整では提出しませんでした。確定申告をした方がいいでしょうか。

 

A. 所得税を計算する際には、様々な控除を受けることができます(下表参照)。
  年末調整時に提出忘れや漏れがあった人は、確定申告によってこれらの控除を受けることにより、

  税金が戻ってくる場合があります

  還付申告は一般の確定申告のような期日指定はありません。

  控除対象が発生した翌年の1月1日から5年以内に申告書を所轄の税務署に提出してください。

 

  <控除(所得税)>

所得控除

 

社会保険料控除

小規模企業共済等掛金控除

生命保険料控除

地震保険料控除

寡婦、ひとり親控除

勤労学生、障害者控除

配偶者(特別)控除

扶養控除

基礎控除

雑損控除

医療費控除

寄附金控除

税額控除

配当控除

住宅借入金等特別控除

政党等寄附金等特別控除

住宅耐震改修特別控除等

災害減免額

外国税額控除等

 

ワン・ポイント・情報:確定申告をして、税金を取り戻そう!

<確定申告により払いすぎた税金の還付を受けられる可能性のあるケース例>

 ①配当金等や原稿料等(源泉徴収有)を受け取り、かつ年間所得が一定額以下の人。

 ②雑損控除や医療費控除、寄附金控除等を受けられる給与所得者。

 ③生命・地震保険料控除や雑損控除、医療費控除等を受けられる年金生活者。
 ④年の途中で退職し、年末調整を受けていない給与所得者。
 ⑤ふるさと納税で6か所以上の自治体に寄附した人等。
 ⑥コロナで中止になったイベントチケット(文科相指定)を払い戻さなかった人(寄附金控除)。
 ⑦株式投資等で損失や利益が発生した人(損益通算、損失繰越)。
 ⑧多額の医療費がかかった人(医療費控除)や市販薬を多く買った人(セルフメディケーション税制)。
 ⑨年末調整後に離婚や出産でひとり親になった場合(ひとり親控除)。
 ⑩年末調整後に結婚したり(配偶者控除等)、子供が生まれた場合(扶養控除)。

 

本記載は、2021年4月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。

税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。

また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。