ホーム 家計のアドバイザー通信

家計のアドバイザー通信

医療、年金、資産運用などお金に関する旬な情報をお届けします


家計のアドバイザー通信(2019年7月号)

―故人の預貯金が引き出し可能に―

 

Q故人の預貯金が、遺産分割前でも払い戻せるようになるそうですが・・・。

 

A.従来、相続財産である預貯金の遺産分割前の払戻しには、相続人全員の同意が必要でした

 

しかし、昨年改正された民法の相続に関する規定(相続法)により、遺産分割前の故人の預貯金の仮払いを受けられるようになります(2019年71日から)。

 

方法は2通りです(下表参照)

①金融機関の窓口で仮払いを求める

②家庭裁判所に仮払いを申し立てる

 

仮払いを受けた分は遺産分割の際に相続分から差し引かれ、仮払い金額が相続分より多いときは、その分を他の相続人に渡す必要があります。

 

<故人の預貯金の仮払い>

 

金融機関の窓口で仮払いを求める

家庭裁判所に仮払いを申し立てる

メリット

裁判所での手続きが不要

(手間、日数、費用がかからない)

法定相続分まで、仮払いが可能

仮払いの理由

仮払いが必要な理由は求められない

仮払いが必要な理由を求められる

仮払い金額の上限

預貯金残高

×13

×(仮払いを求める相続人の法定相続分)

 

かつ、1つの金融機関における仮払いの上限は150万円まで

仮払いを求める相続人の法定相続分まで

 

ワン・ポイント・アドバイス:短期間で現金化できる生命保険を活用しよう!

  仮払い制度には次のようなメリットがあります。

  ①葬儀費用に充てることができる。

  ②当面の生活費に充てることができる。

  ③故人の入院費などの支払いや、借金の返済に充てることができる。

 

  一方で、次のようなデメリットもあります。

①仮払い金を葬儀費用等以外の生活費等に使用した場合、「単純承認」をしたことになり、相続放棄」も「限定承認」もできなくなる。

②他の共同相続人との間でトラブルになる可能性がある。

 

よって、安易な仮払いの利用には注意が必要です。

又、仮払いには相続人の戸籍謄本等が必要になり、ある程度の手間と時間は避けられません。

比較的短時間に現金化できる生命保険を活用して、当面の生活費を確保しましょう。