ホーム 家計のアドバイザー通信

家計のアドバイザー通信

医療、年金、資産運用などお金に関する旬な情報をお届けします


家計のアドバイザー通信(2018年11月号)

―高額療養費と高額介護合算療養費等の引き上げ―

 

 

Q今年(2018年)8月から高額療養費が引き上げられたと聞きましたが・・・。

 

高額療養費とは、1ヶ月間にかかる医療費(保険適用内)の自己負担の限度額です。

そして、今年8月から一部引き上げられたのは、現役並み所得者の層に該当する70歳以上の高齢者です(右表参照)。

 

また70歳以上の現役並み所得者に対しては、高額介護合算療養費についても年収により細分化され一部引き上げられました(右表参照)。

高額介護合算療養費とは、1年間の医療費と介護費用の合計額の自己負担限度額です。

 

今年8月からはさらに、介護保険の利用者の自己負担割合が変更されています。

年金収入等年間収入が340万円以上の人の負担割合が、それまでの2割から3割に増えました。

 

 

 

 

<高額療養費と高額介護合算療養費の改正(70歳以上の現役並み所得者、世帯ごと)>

 

 

年収

(約、円)

2018

7月まで

2018

8月から

高額療養費

1160

80,100

+(医療費-267,000円)×1

252,600

+(医療費-842,000円)×1

770万~

1160

167,400

+(医療費-558,000円)×1

370万~

770

80,100

+(医療費-267,000円)×1

高額介護合算療養費

1160

67万円

212万円

770万~

1160

141万円

370万~

770

67万円

 

 

 

 

ワン・ポイント・アドバイス:民間の医療保険や介護保険を活用しましょう!

健康保険の分野でも、自己負担の増額がありました。

今年4月から、健康保険で入院した場合の食事負担が、それまでの1食当たり360円から460円に増額されました(所得区分一般)

 

公的医療保険制度も公的介護保険制度も、超高齢化や医療の高度化などによって益々厳しくなる傾向にあり、今後も自己負担の増加が見込まれます。

民間の医療保険や介護保険を活用して、万一のときの経済的負担を軽減することをお勧めします。