ホーム 家計のアドバイザー通信

家計のアドバイザー通信

医療、年金、資産運用などお金に関する旬な情報をお届けします


家計のアドバイザー通信(2018年8月号)

―配偶者控除と配偶者特別控除の改正―

 

 

Q今年から配偶者控除と 配偶者特別控除が変わったそうですが、どのように変わったのでしょうか。

ちなみに、私(給与所得者)の年間所得は大体300万円で、妻は98万円位です。

 

A.平成29年度の税制改正により、配偶者控除の控除額が改正されました。

従来配偶者控除は、給与所得者(夫など)の所得金額に関係なく、一律38万円の控除を受けることができました。

しかし今般の改正により、給与所得者の合計所得によって控除額が変わり、合計所得が1000万円を超えた場合は、配偶者控除の適用を受けることが

できなくなりました(下表参照)。

 

<配偶者控除と配偶者特別控除の控除額> (単位:円)

 

配偶者の

合計所得

給与所得者の合計所得

900万円以下

950

万円

以下

1000万円以下

1000万円超

配偶者控除

38万円以下

(老人控除対象配偶者は除く)

38

26

13

0

配偶者特別控除

38万円超

85万円以下

38

26

13

0

90万円以下

36

24

12

0

95万円以下

31

21

11

0

100万円以下

26

18

9

0

105万円以下

21

14

7

0

110万円以下

16

11

6

0

115万円以下

11

8

4

0

120万円以下

6

4

2

0

123万円以下

3

2

1

0

123万円超

0

0

0

0

 

ワン・ポイント・情報:配偶者特別控除は、対象が拡大!

配偶者特別控除の改正のポイントは、これまで対象となる配偶者の合計所得金額が38万円超76万円未満であったのが、38万円超123万円以下に拡大されたことです(上表参照)。

 

よって質問のケースでは、給与所得者であるご主人の合計所得が約300万円で、奥様の合計所得が約98万円ですので、従来は控除が受けられませんでしたが、今年からは、26万円の配偶者特別控除の適用を受けることができます(他に所得がない場合)。

ただし、年末調整又は確定申告が必要です。お忘れなく!!

 

本記載は、20188月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。

税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。

また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。