ホーム 家計のアドバイザー通信

家計のアドバイザー通信

医療、年金、資産運用などお金に関する旬な情報をお届けします


家計のアドバイザー通信(2020年3月号) 

 

―確定申告、配偶者(特別)控除―

 

 

Q昨年(2019年)の私の収入は1,000万円で、妻の収入は100万円でした。私は会社員、妻はパートでどちらも給与所得者です(他に収入はありません)。配偶者控除か、配偶者特別控除の対象になりますか。

 

2018年分の確定申告から配偶者控除及び配偶者特別控除が、申告する人の合計所得金額によって適用されることになりました(下表参照)。

ここで注意すべきは、判断基準が収入金額ではなく所得金額であることです。

ですからご質問の例では、ご主人の給与所得は給与所得控除後の780万円(1000万円-220万円)、奥様の方は35万円(100万円-65万円)になります。

よって、合計所得金額が900万円以下で配偶者も38万円以下ですから、38万円の配偶者控除が受けられます。

 

 

<配偶者(特別)控除(老人控除対象配偶者を除く)>

 

合計所得金額

 

900

万円

以下

950

万円

以下

1000

万円

以下

38万円

以下

38

万円

26

万円

13

万円

特別控除

85万円以下

38

万円

26

万円

13

万円

90万円以下

36

万円

24

万円

12

万円

95万円以下

31

万円

21

万円

11

万円

100万円以下

26

万円

18

万円

9

万円

105万円以下

21

万円

14

万円

7

万円

110万円以下

16

万円

11

万円

6

万円

115万円以下

11

万円

8

万円

4

万円

120万円以下

6

万円

4

万円

2

万円

123万円以下

3

万円

2

万円

1

万円

123万円超

0

0

0

             

 

ワン・ポイント・アドバイス:配偶者(特別)控除は、生計を一にする配偶者が対象!

配偶者(特別)控除は、生計を一にする配偶者が対象です。「生計を一にする」とは、日常の生活の資を共にすることをいいます。

よって仕事などの都合で別居している場合でも、生活費などを常に送金している場合は対象になります。

 

本記載は、2020年3月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。

税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。

また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。